電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

介護施設で、ホームページを使って集客力をあげる方法

 
集客力アップ
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は介護施設での集客ということで、ホームページで集客をアップさせる方法について紹介していきます。
ホームページは、自己紹介でもありますので、ポイントになることを紹介していきます。ぜひご参考になさってくださいませ。

介護施設は施設数も増加!集客は重要な課題

まず、介護施設は、高齢化社会の加速に伴って、施設数も増加傾向にありますし、さらに、近年では、大手企業の参入ということもありまして、介護施設を運営していくために、いかに集客を行うのかということは、重要な課題であるといえます。

その中で今回は、ホームページによる集客ということになりますが、ホームページとは、その介護施設の自己紹介ということにもなります。

ですので、非常に大切な集客方法ということになりますし、いかにホームページを充実させるかということは、集客に非常に影響を与えることになります。

介護施設を選ぶユーザーの立場になってみましょう。介護施設をどこにしようか検討中であるとします。まず、介護施設をどこにしようかということを決めるのは誰になるでしょうか?

もちろん、入居する本人である場合も多いと思いますが、実際入居する本人のご家族であったり、親戚であったりという場合も多いと思います。入居する人は、高齢者であるということから、身内の方で、息子さんであったり、娘さんであったりという方が施設を選ぶということになることも多いと思います。

その状況を想像してみた時に、どうやって施設をえらぶのでしょうか?

やはり、今やスマートフォンの普及により、どこにいても、スマートフォン一つで、インターネットに接続できる時代になりましたので、インターネットから、評判の良いところであったり、ホームページを見て良さそうだなと思ったところに決めるという方法は、簡単に想像がつくと思います。

だからこそ、ホームページをしっかりと、集客につながるように作る必要があります。

せっかく、自分のところの施設が、魅力的であったり、おすすめであったりしても、ホームページでそれが伝わらなければ、ユーザーからすると、良さは伝わらないということになります。ですので、ホームページを魅力的なものにしていかなければなりません。

そこでまず、どのような内容を盛り込んでいくべきなのかを考える必要があります。

必要な情報を掲載する

雰囲気、要介護度の要件

必要な情報としてはまず、入居者の雰囲気であったり、要介護度が挙げられます。施設を選ぶ側からしてみれば、ほかの入居者の方がどのような雰囲気であるのか、また、要介護度はどのくらいなのかという情報は、知りたい内容の一つであると思いますので、しっかりと明記しておかなければなりません。

浴室設備

次に、浴室の設備などについてです。介護施設に入居するにあたり、浴室の設備がしっかりとしているかということは重要です。浴室が適切な広さがあるのかということや、様々な身体状態に対応できるのかということは、大切です。

食事の重要性

やはり、食事は、入居者をお任せするということにあたり、気になる部分になります。しっかりとした栄養バランスが保たれているかどうか、高齢者に優しい献立になっているかどうか、療養食などの個別に対応するようなことはできるのかどうかです。これから、施設で生活していくことになる入居者のために、食の安全が確保されているかということは、非常に大切な問題となります。

その他生活の対応についての掲載

あとは、入居者がこれまで自宅で使っていた家具などの持ち物を持ち込んでも良いのかということです。これは、入居者の方にも愛用していたものがあり、これがないと落ち着かないというものもあるかもしれません。そのような場合に施設としては、どのように対応しているのかということもわかるようにしておくと良いと思います。

そして、車椅子に対応している室内になっているのかということも重要になります。車椅子で行動することができるのかどうかは重要なポイントになります。

ホームページに最低限情報としてのせておくべき内容としては以上のような内容ということになります。

ホームページは「見やすく」「わかりやすく」!

さらに、これらの内容を、ホームページを見ているユーザーにとってわかりやすくなっているかということを考える必要があります。 介護施設のホームページに限らず、さまざまなジャンルのホームページを見ることは、日常でたくさんあると思います。

そんなときに、ホームページが、ひたすら文章だけで、書き連ねてあった場合に、最後までしっかり読みたいと思うことはあまりないと思います。

やはり、ホームページは、見やすいものであるということが重要になります。

人と同じで第一印象というものがすごく大切になります。ホームページの全体をパッと見て、読みたくなるようなホームページと、すぐに閉じてしまうようなホームページの違いは、やはりいかに見やすいかということになります。

介護施設のホームページの場合、見る人の年齢層としましては、本人である高齢者層と、その身内の年齢層ということが多いと思いますので、そういった方々に対して、見やすいようにすることが大切になります。

例えば、背景を優しい色にしてみるだけでも、随分イメージは変わってくると思います。

あとは、写真や動画で、施設の中身がよくわかるようにするとよいです。

また、晴れた日に写真を撮るなどして、光がしっかりと差し込む明るい施設内であるということのアピールにもなります。

このように、気配りがしっかりできるようにしなければなりません。このような積み重ねが、集客に有効なホームページを作り上げるためには必要になります。

今回の記事では、介護施設での集客ということについて書いてきました。

今回は、ホームページということについて書きましたが、介護施設での集客アップを目指すためには、ホームページを充実させることが大切であるということが書いてきましたが、どれとこれに気をつけてホームページを作っていくのか、少しでも参考になれば、幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です