電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

クリニックの効率的なネット集客、集患活動の方法を伝授

 
ネット集客
この記事を書いている人 - WRITER -

クリニックを経営されている方のなかには、まったく集客や営業活動を度外視しているところもあるかもしれません。

残念ながら先生の腕さえよければ患者は集まってくるという時代は終わりました。今はクリニックも生きのるためには積極的な集客が必要な時代です。

いくら腕のよい先生がそろっているクリニックでも、少しの工夫がたりないために、運営がいま一つ波に乗っていないということがあるかもしれません。そこで次のような方法を実践したり、気を付けるようにしていきましょう。

クリニックも宣伝が必要

宣伝というと、お店や営利目的の会社が行うものと思っているかもしれませんが、クリニックも立派な営利目的の主体です。

そのため、クリニックの集客力をあげるには積極的な宣伝活動が有効な方法となります。

媒体は、様々ですが、大手の美容系クリニックなどでは、テレビ、ラジオ、雑誌など派手な宣伝が目立ちますが、通常のクリニックであれば、費用対効果の点で考えると、そこまですると費用>効果となるので、その必要はないでしょう。

町の小さなクリニックなら、ほとんどの患者さんは、地元の人ですから、全国版の広告などは不要です。そのため、クリニックの規模に応じた宣伝が有効です。

例えば、市内や近隣の患者さんがほとんどであるクリニックの場合は、市のフリーマガジンや情報誌などがもっとも有効です。

最近はWEBサイトなどを通じた広告も流行っていますので、もし若い層の患者が多い場合は、WEB広告も有効です。皮膚科や眼科、耳鼻科などであれば、これらも利用できそうです。あるいは、小児科などであればママ系のフリーマガジンなどが有効です。

オリジナリティのあるクリニックをめざす

クリニックといえば、例えば内科などであれば、数が多いのがネックとなり、なかなか他のクリニックよりいいと思い、選んでもらうのが難しいことでしょう。

多くの方は、何か理由があってクリニックに行くのですが、だいたいは家の近く、先生がいい、診療時間が希望であるなどのことだと思います。

このような点は、なかなか自分では代えられないことも多いのですが、できるだけこのクリニックにしかないといようような特徴があると選ばれやすいです。

例えば、特殊な診療や検査がある、ある病の治療に特化しているなどが最もポイントとしては高いかもしれません。特殊な治療などの専門医がいるとか、この病気のエキスパートですというような謳い文句は大変魅力的です。ただ、これもなかなか難しいかもしれませんので、次のような方法なら工夫次第でなんとかなるかもしれません。

一つ目は、診療時間が長い、夜間でもやっている、早朝診療などがある、土日もやっている、木曜診療有などこれらは忙しい社会人のかたにはとても嬉しいことです。

二つ目は、クレジットカード払いがあるとかいうことです。こちらも社会人で銀行に行く時間がなくてもすぐに受信できるのが良いところです。

三つ目は託児所などを設けることです。これは、そこまで大きなクリニックでなければそれほど必要性がないかもしれませんが、子供の待ちあいスペースのみでもママさんにとってはとても有難いものです。

口コミ宣伝を利用する

最近は、多くのWEBサイトなどでも集客力をあげる口コミサイトなどがあります。

実は、これらはかなり重要なポイントとなり有効な方法です。

特に若い方だけではなく、中高年世代の方も最近はネットを使うようになりましたので、クリニック選びに口コミサイトを利用する方が増えています。口コミサイトのなかでも病院検索を意識したサイトなどであれば、実際に病院へこれから行く人が良く読んでいるので、着病選びでは重要な宣伝効果があります。

特に女性は、新しいクリニックへ行くのに抵抗を感じる方も多いので、先生の雰囲気が良いだとか、親切、優しいというようなコメントがあれば足が向きやすいです。初めて受診するかたにとっては、先生との相性がとても大切になりますものね。

そして、小児科などでも同様です。子供を預けるわけですから、先生が信頼できる方であることはとても重要なポイントとなります。

また病院の雰囲気がよいとか、駐車場が広い、清潔、スペースが広いなど、細かな口コミでも良い評価につながります。

残念ながら、自分でコントロールすることはできませんが、普段からこのようなサイトをチェックして、自分のクリニックがどのような評価を得ているのか、どのようなことを改善すればよいのかということをチェックしておきましょう。

クリニックもサービスの時代

先程から申し上げていますように、クリニックも市場経営の時代です。

他のクリニックと競争して、集客力をあげる。それが市場で生き抜く原理です。では、クリニックはどのような経営方針をとるべきなのでしょうか。

それは、サービスなどを充実させ、患者という視点から、お客様という視点に切り替えるということです。

例えば、患者という目でみれば、ただ病気を治せばよいのですが、お客様という視点でみると、顧客満足度を上げる、リピーターを増やす、他社(クリニック)のなかから選ばれるようにするなど、より市場競争の意識を持たねばなりません。

例えば、お客様へは常に丁寧で、敬語でなければいけません。

またリピーターを増やすために、定期的に再受診をうながすようなハガキを送ったりすることも一つです。そして、他者との差別化では、たとえばサービス券の発行やポイントカード、APPなどユニークなサービスを取り入れるのも一つの方法です。

インターネットを使った多サービスなども活用しましょう。

ネット予約や、ネット相談なども最近は多くなってきていますので、よい集客方法となります。

このようにクリニックも市場原理を意識して、集客量をあげなければならない時代です。そのため今回ご紹介しました方法をご参考にしていただき、有効な方法を見つけ出していきましょう。とても些細なことがお客さへの訴求力があることもありますので、是非実践してみてください。

このようにクリニックも市場原理を意識して、集客量をあげなければならない時代です。そのため今回ご紹介しました方法をご参考にしていただき、有効な方法を見つけ出していきましょう。とても些細なことがお客さへの訴求力があることもありますので、是非実践してみてくださいね。
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です