電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

中堅の幹部候補を効果的に育成する具体的方法

 
中堅社員の育成方法
この記事を書いている人 - WRITER -

人材育成は会社にとって必要不可欠ですし、大きな課題でもあると思います。中堅社員をどうやって幹部候補まで育てていくかを具体的な事例を紹介します!ぜひともに実践してみてください。

中堅社員を幹部候補まで育てる人材育成方法

今回は、中堅社員のために取り入れた人材育成方法ということで紹介していきたいと思います。

中堅社員は、時期の幹部候補としまして、会社でも重要な位置にいると思います。

中堅社員が、会社の戦略などに対して積極的に介入していくことが大切であると私たちの会社では考えています。そのために、中堅社員にある程度の権限を持たせることによって、中堅社員のモチベーションの向上や、将来会社を担っていくという自覚を持ってもらえればという狙いもあります。

私たちの会社では、目標の売り上げというものを設けていまして、そのために、日々、幹部が、部下に対してこのような方法で、成果を上げていくとよいという指導であったり、会社にとって必要な制度であったり、戦略を練っているのですが、中堅社員には、その戦略や目標を確実に達成できるように、先行管理ということを学んでもらうようにしました。

先行管理をしていくことにより、今までは、必死に目標に向かって頑張っていき、そして、最終的に目標を達成することができたのかどうかということを振り返ってもらい、今後の戦略に活かしていくという方法ではなく、あらかじめ、目標を達成するにあたり、どの部分がどのくらい足りないのかということを導き出していき、それを、達成するためには、どんなペースで、どのくらいの量をこなしていかなければならないのかということを先に対策として考えていき、それに基づいて行動していくようにするということになります。

もちろん中堅社員には、上司もたくさんいます。しかしながら、今回は、上司に遠慮するということをなくして、中堅社員たちが考えた先行管理に基づいて、みんなに動いてもらうというようにしてみました。

中堅社員も、今までは、上からの戦略決定に従う形で、行動していたところもありましたし、自分たちが会社の経営を左右しかねない役割を担うことはもちろん初めてだと思うのですが、あえて、そこをお願いすることにしました。

中堅社員たちは、先行管理の方法に基づいて、目標達成のためには、何の数値がどれだけ足りないのかを計算して、目標達成という数値から逆算するという作業をしていくなかで、目標達成のためには、先手を打って、先を見据えていくことが大切であるということをわかるというまたとたい機会ということになったと思います。

それに、ただ、先行管理を考えていくだけではいけません。それを、上司や部下に展開していくことにより、目標を必ず達成するために動いてもらわなければなりません。このように、会社を動かしていくという経験も貴重な体験になると思いますし、このことを体験することで、自分も会社の大切な部分に関わることができているという充実感を感じることができると思いますし、中堅社員のモチベーションも上がると思いました。

具体的にどのように育てていくか?

それでは、実際にどうなったのかについてですが、中堅社員は、自分たちが建てた先行管理に基づいての今後の行動計画を、全員に展開していきました。そこにはもちろん、誰が、いつ、どこで、何をしてくるのかということまで計画に入れてもらっていますので、具体的な行動計画ということになります。

もちろん、この計画はただ作っただけではありませんので、確実に実行されるものでなければなりません。ですので、しっかりとなぜこのような計画を建てたのかということを説明して納得してもらう必要があります。ですので、上司の方にも、この計画に沿って動いてくださいとお願いすることになります。

そしてもちろん計画を建てた本人達は、先頭に立って引っ張っていかなければなりませんので、本人達が結果を出していかなければならないという自覚も持っていました。

するとその後、中堅社員達の目つきが変わりました。

やる気、モチベーションも一気に上昇していき、文字通り、先頭に立って、ほかの社員を引っ張っていくようになりました。中堅社員が、社内で活発に声をかけている姿をたくさん見るようになりましたし、社内に活気が今まで以上に出てきたと思います。

そして、先行管理の計画に基づいて、行動をしていった結果、売り上げの目標を見事に越えることができました。これには、中堅社員達も、充実感を覚えてくれたようで、取り入れて本当に良かったと思いました。

やはり、会社で、重要な仕事を任せたりされると、その社員はモチベーションも上がりますし、やってやるぞという気持ちになると思います。

ですので、ただ、勤続年数に応じて、昇格していくだけで、仕事内容や権限は一向に変わらないという状況ではなく、中堅社員社員のような立場の社員にあえて、権限を持たせるようなことをしていくことで、中堅社員にとっても、リーダーにならなければいけないという自覚が芽生えるのだと思いました。

今回は、先行管理ということをテーマにしてやってもらいましたが、この経験は、必ず中堅社員がやがて幹部になる頃には生きてくると確信しています。

このようにして私たちの会社では、人材育成の方法として、中堅クラスの社員に、会社の戦略の一翼を担ってもらったり、さらには、若手社員には、新入社員の教育係を任せるということを取り入れていくことにより、そのクラスよりも一歩上のところで仕事をする楽しみや、やりがいを感じてもらい、仕事に対してモチベーションを上げてあげることによって、凄まじい速さで人材は成長していくものだと思っています。

 

ですので、私たちの会社では、やる気のないという社員もいないですし、皆が目標を意識して取り組んでいます。

結果としても現れていまして、売り上げは順調に成長していくことができています。

ですのでこれからも積極的な人材の育成ということを実現していきたいと思っていますし、社員のモチベーションについても考えていきたいと思います。

人材育成方法について私たちの会社で取り組んでいることを紹介させていただきました。少しでも参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です