電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

マーケティングの基礎となる知識/考え方、他社と差別化する方法

 
マーケティング手法
この記事を書いている人 - WRITER -

ある商品が世に出回り売れるためには、ライバル商品と同じような内容では流行りません。そこで、マーケティングをしっかり行なっていくことが他社の差別化につながります。

そこで、マーケティングの内容について説明していきます。

マーケティングの重要性と基礎知識

現代社会では、モノや情報はすでに飽和状態であるということがいえますし、一つのニーズに対しての、商品やサービスは、様々な企業とのライバル競争を勝ち抜いていける企業が生き残っていけます。

つまり、ほかの企業と同じようなサービスや、商品であれば、お客様は、どれを購入しても同じことになります。これでは、競争を勝ち抜いて、生き残っていくことはできません。

今、求められるものは、ほかの商品やサービスとの差別化ということになります。同じような商品であっても、どこか特徴であったり、秀でた部分があれば、それは、とても大きな武器となり、強みになり、お客様の獲得や、お客様をしっかりと掴んで離さないということにつながります。

そのために必要なことが、今回のテーマにもなっているマーケティングということになります。

マーケティングは、その商品に対しての、顧客のニーズや、市場の動きなどをしっかりと研究して、ライバル達より売れる商品を開発するという動きのことになります。

今回はそのマーケティングについての基礎知識を詳しく見て行くことにします。

①統合、調整されたリサーチ

マーケティングにおいて、重要なことは、リサーチです。これまでの市場のデータなどによって、将来的にどのような商品やサービスが必要となるのかをじっくりと研究して予測するという力が、大変重要になってきます。

おもにどのような内容の業務になってくるのかというと、俗に言う市場調査ということになります。これは、市場の大きさを知る上で重要になりまして、市場調査をすることで、その商品やサービスがどのくらいの市場規模になりそうなのかということが見えてきますので、マーケティングを行う上では必ず取り入れるべき項目になります。

②製品や価格を決めて行く

市場調査の内容をふまえて、次のステップとしまして、新しい製品やサービスを作り上げていくことになります。製品に使う資材や、アイデアなどを決定していきますが、ここで、いかに他社製品との差別化を図ることができるのかが、勝負の分かれ目ということになります。

もちろん、テストを何回も何回も繰り返しながら、製品を完成させていくという方法になります。また、他社のライバル商品の価格を踏まえながら、商品やサービスに価格をつけなければなりません。もちろん、価格は差別化を図るポイントにもなりますので、とても重要になります。

③プロモーション

プロモーションは簡単に言ってしまえば、宣伝という方法です。

いざ、商品やサービスが完成したとしても、それを世の中で流行らせていくためには、世の中に知ってもらわなければなりません。ですので、企業のwebサイトであったり、ニュースサイトなどの第三者メディアにお願いする方法ももちろん有効な手段となりますし、メールなどで宣伝するという方法もあります。

この宣伝も、やはり、お客様の記憶に残るような宣伝のやり方や内容であることが言うまでもなく重要になりますし、このプロモーションがこれまで考えてきた商品やサービスが第三者に知ってもらう最初の機会にもなるわけですので、第一印象はなんであっても、非常に大切になります。

④流通

マーケティングにおける流通ということは、商品がお客様の手元に届くまでの流れで使われる手段ということになります。わかりやすく言うと、作った商品をコンビニで売るのか、PCサイトなどを利用して売るのか、また店舗のような場所で売るのかという事を決めて行きます。

これは、ターゲットの年齢層などから、どのような手段で購入してもらうのが1番お客様にとって、便利なのか、簡単なのかということを決めていかなければなりません。

⑤顧客や環境の変化によって、改善する

作り上げた商品やサービスが世に出回っていくなかでどうしても、ターゲット顧客の状況や、販売環境を見て行く中で、改善する必要が出てくる可能性があります。

大切なことは、いかに、ターゲットとなる顧客に対して、信頼関係を作りながら商品を売っていくことができるのかということや、今後、その商品をリピートしたいとうところへ持っていくけるのかということになります。それらを考え、改善する必要があるのであれば改善していかなければなりません。

理想は、販売活動をしなくても、売れるような環境を作ってしまうということになります。

マーケティングの段階と役割を考える

マーケティングに必要な知識と流れてについて、基本的なところは以上のようなところになります。しかし、マーケティングといっても、それぞれ役割がありますので、例えば、リサーチをしたり、最適な流通などを考えたり、改善活動をするような場合は、主にマーケティング担当者が行なっていくことになりますし、商品開発担当という部隊の方々は、商品をどのようにするのか、値段はいくらにするのかということを決めていきますし、プロモーション活動を行うには、広報担当の方が行うことになります。

もちろん必ずこの通りに進めていかなければならないということはありません。

どの部隊の方も連携を密にして、新しい商品やサービスは世の中に出て行くということになります、その中で、いかに差別化を実現できるのかが求められるのが現代のマーケティングということになります。

マーケティングの良し悪しは、商品の良し悪しに直結する大変重要なものであるということになります。

この記事では、マーケティングとはどのような事をするのかということを中心に、マーケティングにより、差別化を測っていくということをを話しました。

1つ1つのステップを大切にし実践していきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です