電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

介護施設における入居者募集の戦略的マーケティングを取り入れた方法

 
介護施設
この記事を書いている人 - WRITER -

最近は、高齢化社会の到来で人気のある施設とそうでもない施設の二極化が目立ちます。

ある施設では、何十人待ち、へたすれば何百人待ちのような長い行列ができている施設もあります。一方では、入居者募集を出しもなかなか希望者が集まらず、いつも空室があるという施設が少なくありません。

実際に、高齢化の波にのって、どんどん施設が増えたので、施設にとっては冬の時代とも言われています。サービスや価格競争で、経営困難に陥っている施設も少なくありません。そのような状態を免れるために、健全で効率的な入居者募集を行っていくことが大切です。

介護施設

戦略的マーケティングを使った入居者募集

戦略的なマーケティング手法に乗っ取った入居者募集のノウハウとしては、次のようなことを念頭に入れておくとよいでしょう。

1.ニーズに合っていること

まずは、その地方や地域の特性やニーズをよく把握するということです。どのような地域性があり、そこに住む人々はどのような人たちなのか、どのような好みをもっているのかということを把握するということです。

例えば、超高齢地域や、過疎の地域だったとしましょう。そうしました場合、必要な介護施設は特養などの重度利用者の方の施設です。このような地域では、身体ケアに特化した魅力的なサービスがあったり、医療と福祉を連携されたサービスが提供している施設がよりニーズにあっています。

そのため、このような土地柄で戦略的なマーケティングをするなら、医師との連携を強化して、それをポイントとして、宣伝していくことです。そして、入居者募集はWEBサイトなどよりは、地元の広告などが有効です。

一方で、都心部や中都市であれば、より元気で若い利用者が多いことが予測されます。そのため、生活のしやすさやアミューズメントや娯楽などをアピールするのが効果的です。

2.つねに100%稼働でなくてもよい

常に100%の稼働率を目指されるかもしれませんが、むしろ回転をよくすることも一つの手法です。

新しい人が入ってくると、入居費などの新規の利用者の方にかかってくる費用が生じて、施設にとってはそれなりのメリットがあります。

そのため、長く一人の人がいるよりも、新しい入居者があったほうが効率経営という点ではメリットがあります。そのため、常に100%の入居者でなくても、良いと考えてもよいでしょう。新規入居者募集を積極的に行い、待機の人がすぐに入れる状況を作っておきましょう。

3.口コミや知り合いのコネも大切にする

意識しておきたいのが、口コミや知り合いのコネによる入居者です。このような入居者は、宣伝広告なしでダイレクトに入ってくれる、戦略的マーケティングという点では大変良い利用者さんとなります。そのため、このような入居者を大切にしましょう。

具体的には口コミをアップさせるために、情報サイトなどへの広告をお願いしたり、知り合いのコネでの入居は何%割引のような特典をつけるとよいでしょう。

広告媒体別費用対効果

それでは入居者を募集するのに、皆さんはどのような広告媒体を選ばれているでしょうか。次のような媒体があり、それぞれの費用対効果があります。

1.新聞の折り込み広告

新聞の折り込み広告を利用している施設は多いです。その理由としては、地域を絞って募集ができるということ、費用も自由に設定できるところ、家族なども目にする機会が多いので、周りからすすめられて入居などの方法ともなりえること、高齢者自身も目にする機会がおおいことなどが挙げられます。

実際に、新聞ですと、読者の層が高年齢なので、利用者の方と家族両方が見て、お互いに相談して決めるということもあり得ますし、利用者さんの子世代にとっても、折り込み広告は馴染みの深いものです。

そのため、地元の施設だから大丈夫そうだとか、信頼感を得やすいというのもあります。施設のオープンの知らせや、施設スタッフの求人など、他の内容もここに織り込めるのもよいところです。

費用対効果としては、比較的低予算で、そこそこの反響があるのがこの方法のよいところです。ただし、1回限りなので、掲載されて長くその効果が続くという永続性はありません。

2.WEB広告

WEB広告、たとえはHPの自動広告などは大変目にする人が多いので、こちらも有効です。しかし、WEB広告を見ているのは、ほとんど若い人ばかりですので、その反響は薄いです。

ましや、利用者さんがWEB広告を見て申し込むという可能性はかなり低いですので、40代、50代ぐらいの家族が見て、お申し込みをするということぐらいしか期待はできません。

しかし、WEB広告は、実際の入居者まではいなくても、知名度を上げたり、好感度を上げるという点ではわるい方法ではないので、併用して活用するのも一つです。

3.口コミサイトなど

最近、多いのが口コミサイトや介護施設の検索サイトなどです。このようなサイトは、自動広告に比べると、サービスを必要としている人が集まってくるものなので、非大変成功率が高いです。そして、特に注意したいのが、評価や特典などです。数が多い地域などだと、ランキングで上位に挙がっているところから見ていくとか、見学に行くという方も多いのです。そのため、このようなサイトは常にチェックしておくようにしましょう。無料で施設の登録をすることもできますので、積極的にこのようなサイトを利用しましょう。

4.縁故

縁故も最も効果的なマーケティングの方法です。

戦略的かというと、やはり自然偶発的なものとなるかもしれまんが、ここを戦略的にせめるなら、紹介者のほうにも何かのメリットを付ける、確定後、何%のお礼金有りのような賞金を付ければ、より積極的な紹介者もあらわれそうです。

施設の入居者募集も、常に戦略的マーケティングの視点を取り入れ、効率経営にを目指すことが大切です。

1つ1つ、コツコツと取り組んでいってはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です