電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

集客も求人も同時に悩みを解決するポイントとは

 
集客も求人も同時に悩みを解決するポイントとは
この記事を書いている人 - WRITER -

集客が思うようにできない。

求人が思うように進まない。

 

このような問題に頭を抱えている経営者のあなたへ。

 

実は、この2つ、同じ理論で解決できるんです。

 

 

今回は集客と求人を得意とする感動画が、2つの悩みを解決するポイントについてお話していきます。

1: 集客も求人も基本は同じ

集客も求人も基本は同じ

集客の問題を考えるシーンで耳にする言葉。

 

「いいお客さん来ないかなぁ~。」

 

 

求人の問題を考えるシーンで耳にする言葉。

 

「いい人来ないかなぁ~。」

 

 

2つのセリフをよ~く眺めてください。

 

限りなく似ています。「いいお客さん」と「いい人」。

 

どちらも「いい人間」を求めているわけです。

 

 

しかし、そもそもここが間違っているために、集客も求人も上手くいっていないのです。

 

 

これはどういうことかと言いますと、集客するときも求人をするときも、どちらも「人」の注目を引き、行動してもらわなくてはいけません。

 

でも「人」は、自分の事だと認識しない限り、注目はしません。

まして、行動を起こそうなんて全く考えてはいないのです。

 

 

イメージしてもらうと非常にわかりやすいと思います。

 

ハロウィーンの夜、人でごった返している場所にあなたはいます。

そこで後ろから

 

「ちょっと、そこの人」とか

「あなた、あなた」とか

「みなさん」とか

 

呼ばれても、立ち止まることもなければ、振り返ることもないでしょう。

だって、自分が呼ばれているなんて思ってもいないですから。

 

しかし、同じ状況の場所でも

 

「○○さん」とか

「○○色のジャケットの男性」とか

「○○のバッグと△△の時計をしている女性」とか

 

こんな風に個人を特定できるような呼びかけをされると、立ち止まって振り返ると思います。

 

 

いいでしょうか。ここが大切なポイントです。

 

あなたのところに集客も求人も、どちらも成果が出ていないのは、

 

「いい人間」という曖昧な設定をしているからです。

 

 

あなたもお聞きになったことがあると思いますが、セールスや集客には「ペルソナ」と呼ばれる理想の顧客像が必要です。

 

ペルソナに向けてどのようなメッセージを伝えるのかにより、相手の反応が起きるのです。

 

 

ここでもう一度考えてみてください。

 

あなたが集客したい人は「どんな人」でしょうか。

あなたが求人したい人は「どんな人」でしょうか。

 

 

それぞれの理想像を具体的に描くことから始めてください。

 

2: 特徴ではなくベネフィット

特徴ではなくベネフィット

集客でも求人でも、見かけることの多い情報があります。

 

それは「特徴」という内容です。

 

特徴とは

 

  • 商品の色
  • 商品の大きさ
  • 商品の材質
  • 商品の機能

 

こういった、カタログに載っているような情報です。

 

特徴は集客にも求人にも必要な情報ではありますが、この情報は行動を生み出すきっかけにはなりにくいものです。

 

人は、自分が手に入れたモノやコトから得られる将来像を見たいと思っています。

 

将来像が理想の状態なら、人は間違いなく行動を起こすでしょう。

 

これが求人だと

 

  • どのような勤め先なのか
  • どのような先輩たちがいるのか
  • 3年後はどうなっているのか

 

こういった不安や疑問を解決することになり、応募へのハードルはグンと下がります。

 

また、雇用で起きやすいミスマッチの軽減も期待できます。

 

3: ホームページで両方成功するためには

ホームページで両方成功するためには

ここまで集客と求人に共通する内容をお伝えしてきました。

 

どういった部分が同じ理論なのかがわかると、後は改善し進めることが大切です。

 

そこで最近では集客も求人もホームページから行おうとされているところが増えてきていますので、ここではホームページで集客と求人を両方成功させるために必要なことをお伝えしていきます。

 

 

ホームページで集客と求人の両方を成功させるためには、次のポイントをクリアすることが必要です。

 

そのポイントとは

 

「とにかくまずは見てもらうこと」

 

 

ホームページを作っても集客できない。

ホームページから求人の応募が来ない。

 

どちらも先ほどお話した「ペルソナ」や「ベネフィット」が上手く出来上がっていないということもありますが、まずは「見られているのか」を確認することが重要です。

 

もしホームページが見られているにも関わらず、成果が出ていないのなら「ペルソナ」と「ベネフィット」の改善を行ってください。

 

 

確認してみると「見られてなかった」という場合には、次から紹介する方法の活用を検討することから始めてみてください。

(1)広告を出す

とにかく素早く短期間に見られるようにしたいのなら、広告を出すことが必要です。

 

特に集客に関しては、この方法が時間を掛けずに見られます。

(2)求人情報専門サイトへの登録

有料・無料、様々ですが、こういった「すでに人が集まっているところ」へ登録し、そこから知ってもらいホームページを見てもらうようにしましょう。

(3)SNSで拡散

集客、求人、どちらにも使える方法です。

 

SNSでは、どのような会社なのかがわかる情報を発信しておきたいですね。

SNSの特性として、人と人のつながりがありますので、人柄や社内の雰囲気などを見る人も重要視しています。

 

時間は掛かりますが、口コミに近い状態になりますから、価値観の近い人がやってきてくれる可能性が高いです。

 

4: より伝えるためには動画がおすすめ

より伝えるためには動画がおすすめ

このような方法でホームページを見てもらえれば、ペルソナに合わせたベネフィットを伝えることができます。

 

しかし、ここで一つアドバイスがあります。

それはメッセージの伝え方についてです。

 

従来のメッセージの伝え方というと「文章」でした。

しかし、最近の方は文章をあまり読みません。

 

それよりもスマートフォンで動画を見ていることの方が多いです。

 

電車やバスの中でも動画を見ている人が多いですし、カフェでもWifiを使って動画を見ている人もいます。

 

 

このような流れを考えると、これからの時代、より伝わるメッセージを伝えるためには、

 

私たちも「動画」による方法を取り入れる必要があると思います。

 

 

動画で経営者が理念を伝える。

動画で先輩社員たちが仕事について伝える。

動画で募集している職種の人が働いている様子を伝える。

 

文章と画像だけでは伝えにくかった臨場感や細かな声のトーン、めまぐるしく変わる表情を動画なら簡単に全部伝えることができます。

 

集客にも求人にも、より伝える方法が必要です。

 

5: まとめ

集客も求人も同時に悩みを解決するポイントについてお伝えしました。

 

ポイントはこうでした。

 

  • ペルソナ
  • ベネフィット
  • 見てもらうこと
  • 動画

 

現在、あなたの会社では上の4つが満たされている状態でしょうか。

 

もし満たされていないのであれば、すぐ改善に入ってください。

こういったことは素早く行うことが大切です。

 

変に考え込んでしまうと、結局はやらない言い訳を思いつき、現状維持を守ってしまうものです。

 

今回の内容が、あなたの集客と求人の悩みを解決する情報になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です