電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

介護施設の集客方法 地元広告と全国広告のどっちが有効?

 
介護施設広告
この記事を書いている人 - WRITER -

施設担当者の方は、集客(利用者様を増やす)のためにWEB宣伝や広告、あるいは自社のHPなどいろいろな方法で宣伝を出されていることと思います。なかでも迷うのが、主に地元での集客を狙った新聞折り込みや地元雑誌などへの掲載か、全国を対象としたWEB広告かどちらにするかということです。それぞれにメリットとデメリットがあるので、目的に合わせて使い分けると有効です。

2つの広告のメリットとデメリット

1.地元広告

地元広告のメリットは次の3つです。
一つ目は、地域に即した広告を出すことで、より需要にマッチングした宣伝文や内容を織り込めるということです。

つまり、実際に施設がある土地のことですから、そこで生活している方の需要はより掴みやすいということになります。大都市から離れた遠隔地であれば、地域に密着しているサービスがあることや、地元とのコミュニケーションが多いことなどをアピールすれば、施設には入りたくないと在宅希望の方でも、それほど違和感なく入居できるかもしれないと入居意欲を高めることができます。

一方で、都心にある施設であれば、プライバシーや個人の空間が大切にされていることなどをアピールすれば有効でしょう。それぞれの地域の特性などに焦点を合わせ、よりニーズにあった宣伝広告が作れるはずです。お客様の特性がある程度一貫しているので、的を絞ったマーティングができます。

二つ目は、やはり集客率が高いということです。これは特に高齢者の方はほとんどは、それほど行動範囲が広くないので、全国股にかけて施設を探していると方は少ないです。地元で、できるだけ今の生活を変えないことを条件として施設探しをしているので、この条件に当てはまるのは、新聞広告や地域紙などです。

三つ目は、安心感がもてることです。実際に見学などにも行けるのはやはり大きいです。全国広告などでたとえよい施設を知っても見学にいけないとなるとやはりいいか悪いかの判断が難しいので、高齢者の方にとっては入居の決め手がないでしょう。

四つ目は、目にしやすいということです。高齢者施設を検討されている方のほとんどは、高齢者の方本人でつまり、新聞が最も良く目にする媒体です。そのため、このターゲットの属性から考えるとより有効なマーケティングの方法としては、新聞の折り込みチラシとなります。

新聞の折り込みチラシの良いところは、予算なども侍従に設定できるし、地域も自分で選べるということです。最近よくあるのは、求人広告と入居者募集の広告を一緒にのせることです。

五つ目は、家族などにも目にしてもらえる可能性が高いということです。入居者本人だけではなく、家族も施設入居にはかかわっているので、家族へのPRにも地域広告は有効です。

一方で、地域広告のデメリットもないわけではありません。地域広告はある程度広告範囲が限定されているので、広い地域からの集客は難しいです

たくさんの方がめにするのだけど、地元にあまり高齢者がいない地域などの方にはあまり有効ではありません。つまり都内や都心では比較的若い人の割合が多いので、このような地域では全国広告の方が有効であることが多いです。

2.全国広告

全国広告としては、おもに新聞掲載や雑誌掲載など全国を対象とした媒体やHPなどのWEB広告があります。新聞や雑誌の広告は施設の予算としては大変コストオーバーなので検討が難しいかもしれませんが、WEB広告であればそれほどではありません

一つ目としては、低予算でできるWEB広告が多いということです。ほとんどのWEB集客は新聞折り込みかそれ以下の予算でも可能なので、とても低コストでできるのがメリットです。

二つ目としては、広い範囲に集客できることです。特にこれが有効なのは都心にある施設で、東京や大阪など、大都市では地方からの移住などの可能性も十分に可能性があります。特に高齢になってからの地方の生活は孤独に感じる方が多いので、人の多い都心などへの移住が便利と感じる方が多いようです。もちろん中には田舎でのんびりしたいとか、生活費がかからないのがいいと考える方もいらっしゃるようですので、地方都市の施設の方も検討の余地はあるかもしれません。交通などを考えると、やはり都心が良いと方の方が最近は増えていますが、田舎であることをアピールした広告も十分魅力があります。

三つ目としては、若い方が目にすることも多いので、家族や友人が見つけて本人に紹介したりといったケースも考えられるということです。意外と多いのが寝たきりの家族の施設を探しているとか、地方に住んでいる高齢の両親を近くの施設に入居させたいという方です。

そのため、このような入居者の家族の方は、なかなか地元の情報は手に入らないので、WEB広告が有効です。

四つ目ととしては、知名度を上げることができるということです。WEB広告の良いところは特に書くたくさんの方が目にすることですので、知名度をあげるには最も良い方法です。知名度を上げることは、すぐさまの入居者を呼び込むというよりは、知名度を上げる→施設の入居者が増えるというようなイメージ先客になるので、このようなマーケティングの方法も大変有効です。

五つ目としては、動画やブログなどいろいろなコンテンツの広告媒体を利用することができることです。とにかくこのようなツールが多いのがWEB広告の特徴ですので、有効に活用して広く施設を知らしめることが可能です。

このようにメリットが多い全国広告ですがデメリットもあります。一つとしては、繰り返しおこなわないといけないということです。WEB広告の特徴としては、何度か目にしているうちにクリックしたり、なんとなく資料請求をしてみようかと思うようになることです。そのため、繰り返して行う必要があります。

いかがでしたでしょうか。地方広告、全国広告にはそれぞれメリットデメリットがあり、方法もたくさんあります。それぞれの有効性を生かして、どちらも活用していくようにしましょう。
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です