電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

介護施設の集客方法のための宣伝やホームページの作り方&情報の入れ方

 
マーケティング
この記事を書いている人 - WRITER -

施設担当者の方は、集客(利用者様を増やす)のためにWEB宣伝や広告、あるいは自社のホームページでどのようなコンテンツを織り込んでいるでしょうか?

この実際の内容に取捨選択が、注目度集客率を上げる最も大切なこととなります。ここでは広告やホームページの作り方をお伝えします。

広告の情報の入れ方

次のような事柄がを入れるのが、施設の集客のためのマーケティングでは大切です。

1.施設の基本情報

一つ目は施設の基本情報です。当然と言えば当然ですが、施設の住所、電話番号、サービス内容(施設の形態や分類等)、そしてより詳細に施設の部屋数や利用者の平均年齢、特性、施設長名、常在しているスタッフの数(看護師やケアマネなども含む)など詳細に記するにこしたことはありません。

また、会社の設立年やベッド数、部屋数など施設の概要についても書いておくと便利です。

このような情報は基本となりますが、とても大切です。

連絡先はできるだけたくさん書くのがよく、電話だけではなく、メールやFAXなども念のため加えましょう。

ご家族からのご連絡ではあれば、忙しくてメールを利用したいということもあるので、メールフォームなどがあるとさらに便利です。

地図やアクセス方法なども書いておき、車で来る場合と公共交通機関を使ってくる場合の2種類を書きましょう。

2.施設長からの挨拶

施設長からの挨拶(写真付き)もあると大変魅力がアップし、問い合わせ率がアップします。

どのような責任者が運営している施設なのかは、大変興味があるところです。

そのため、施設の特徴や、設立の経緯、どのような方針が取られている施設なのか、どのようなスタッフが多いのか、施設内の雰囲気、利用者さんの特徴などを自分の言葉で伝えることが集客を上げる一助となります。

特に、施設で力を入れていることや、他の施設にはない魅力などをアピールすることと、もう一つは自分自身の人間性などを書き記し、「こういう代表者がやっている施設なら安心できそうだ」という気持ちを呼び起こす書きぶりで書いていくことが大切です。誠実でしっかりした施設であることをあらわるようにしましょう。

3.施設内の様子などを表した記事

施設内の様子が一目でわかるような記事が大切です。

まず利用者さんが気になるのは、どのような施設で自分が暮らしていけるか、安全で幸せな暮らしができるかということです。そのため、施設内の様子を記したコラムや記事はとても大切です。

写真などをたくさん載せて、わかりやすいようにしましょう。そして、明るい記事であることも大切です。特にここで書いておくのは、安全や衛星などが担保できていることや、広いスペース、プライバシーが保護されていること、楽しいイベントなどがあることなど、個々へ行ってみ見たいと思える記事であることが大切です。

4.季節のイベントや日々の生活の記事

季節の楽しいイベントや日々の生活をしめす記事もとても魅力的です。

クリスマス、誕生会、お正月、いろいろな季節のイベントの記事などを載せて、1年中たのしくすごせることをPRしましょう。

利用者さんが関心があるのは、このような楽しいイベントがたくさんあることと、入居者の方が楽しんでいるかということなので、実際の有る無しのような計画表だけではなくて、写真付きのイベント風景などがあると分かりやすいです。臨場感を伝えることができます。

また日々の生活を分かりやすくするために、個人のお部屋の風景を載せたり、共有スペースの様子などものせましょう。入居者のかたの1日の生活などが最も気になるところなので、実際のお部屋ももし情報してもいいという方がいれば写真などをのせてあげると頭に浮かびやすいです。

次からは、入れると良い内容です。

5.スタッフ紹介

スタッフ紹介もとても興味を持たれます。

どのような方がこれから自分のお世話をしてくるのかは一番重要なところです。

たとえば、写真付きでアンケート形式のQ&Aなどでもいいですし、自己紹介文のようなものでもとても読みごたえがあるのでいいと思います。

できるだけ多くの方の紹介をのせるようにすると、楽しい施設、明るい施設であることがPRできそうです。

たとえば、調理専門の方とか、看護師の方、事務の方、送り迎えをしてくれる方、清掃の方など、ケアに直接携わらない方も含めて施設全体のスタッフさんを載せるのがミソです。そのような全体的なスタッフの方の紹介を載せることでアットホーム感がつたわります。

できるだけ自分の声で書いてもらうことがよいでしょう。

6.利用者の声

利用者さんの声を実際に写真付きで載せるととても集客があがります

写真付きであることが大切です。Aさん、Bさんというような名前は伏せた形でOKです。ただし、一般の口コミサイトのようなものだとどうしても信頼度が下がってしまいますので、できるだけ本当の利用者の方の生の声を載せるとより信憑性が高まります。

もちろん良いことだけでないかもしれませんが、そのようなインタビューから、施設の課題なども洗い出されるかもしれませんので、そのような利点もあります。

7.施設全体の利用者の構成など

一般的な情報として、利用者情報を載せておくと、自分がそこに入居するかどうかのおおよその目途が立ちそうです。特に年齢や身体の状況などが近い人が多い方がいいという方が多いので、この情報は重要です。

8.他の施設にはない魅力

ここはやはり一番重要です。他の施設にはない、施設の独自性をアピールしましょう。

9.動画などをつかった記事

動画などを使うとより集客が高まります。先ほどお話しました利用者の紹介のインタビューや施設の様子などがあるととても分かりやすいです。最近は、動画広告なども増えていますので、HPだけではなく、広告だけ切り離して他のサイトでしょうかいしていくなども良いマーケティングの集客方法となります。

このように施設のマーケティングでは広告やHPなどのコンテンツをよくすることがとても大切です。情報量が足りないとアクセス数が増えないので、今回ご紹介し増した内容をしっかり織り込んでおきましょう。
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です