電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

良い人材が集めるための求人対策

 
良い人材
この記事を書いている人 - WRITER -

かつて、求人情報は、ハローワークか新聞や雑誌などの紙媒体に記載されていました。今と比べると情報量や募集方法は圧倒的に少なかったため、募集する側も、求職者も迷う必要はありませんでした。インターネットや携帯電話が普及した現在は、募集方法や応募方法も多様化し従来の方法では、人材の確保はできなくなってしまいました。

今の時代は、ある程度のマーケティングの知識がなければ、せっかく出した求人広告も無駄になってしまいます。本格的なマーケティングを学ぶことは大変ですから、ここでは、求人で応募者を集めるために必要な次の3つの観点から考えていきましょう。

応募者をしっかりと集める方法

確実にターゲットに求人情報を届ける

求人情報がターゲットに届かなければ意味がありません。ターゲット(年齢、性別など)を把握し、ターゲットに確実に届く求人方法を選択します。

ターゲットが必要とする求人情報を提供する

情報不足はターゲットを不安にさせます。ターゲットが必要とする情報を確実に提供してください。

ターゲットにとって魅力ある求人情報を提供する

ターゲットは、給与だけでなく、仕事内容や勤務時間、得られる経験など様々な要素から総合的に判断して仕事を決めます。給与以外の付加価値を見つけターゲットに情報提供します。

求人媒体の使い方は適正か

求人方法はハローワークから求人媒体への掲載、ヘッドハンターなど多くの方法がありますが、求める人材に適した募集方法を行っているでしょうか?

ターゲットに求人情報が届かなければ、必要な人材を集めることはできません。

20年以上前は新聞、折り込み広告、雑誌、フリーペーパーなどの紙媒体が主流でしたが、インターネットや携帯電話が普及した現在では、転職サイト、SNSやアプリなどのWebの活用が主流になっています。

まず、求める人材がハローワークや紙媒体から求人を探すのか、Webを活用して求人を探すのか見極めます。中高年を募集したいのか若年層を募集したいのかが目安になります。

確実にターゲットに求人情報が届く方法を選択してください。

適切な情報が記載されているか

新しい職業や職場に行くのは誰でも不安なものです。想像していた仕事ではなかった、特別な社内ルールが存在したなど、応募者はミスマッチをとても心配しています。それゆえに、あまりにも情報が少ないと怖くなり応募できなくなってしまいます。

ターゲットが必要とする求人情報を提供することが重要です。

①仕事内容を明確に

「誰にでもできる仕事」のような曖昧な記載では、力仕事なのか、立ち仕事なのかなど、仕事内容がイメージできないため、「何をどうする仕事」なのかを具体的に記載します。また、30から40代多数、女性7割、8割が2年以上勤務といった従業員の構成を記載することで、どんな人がいるかがわかり不安が解消されます。

②給与、時給、勤務時間、残業の有無、や雇用形態(社員、アルバイトなど)を明確に

待遇は一番気になるところですから、明確に記載します。また、「残業あり」ではなく、時間や頻度を記載することで過度な残業がないことがわかり安心感を与えられます。

同業他社と比べて条件が悪くないか

1つの会社の求人だけを見て応募する人はまずいません。必ず、他の会社の求人も見ていますから、他社よりも極端に条件が悪い場合は、誰も応募してくれないか、他社で断られたような人材しか集まりません。

①社員の募集

社員の採用の場合は、業種や職種、勤務地が似ている会社の求人を比較しています。特に、待遇面と仕事内容が比較されるため、近くの会社の求人情報もチェックして、業界や地域の水準から著しくかけ離れている場合は、同等の水準まで引き上げることを検討しなければなりません。同じ仕事なら待遇が良い方に人は流れてしまいます。

②アルバイト・パートの募集

アルバイトやパートの採用では、勤務地周辺のエリアの求人が比較されます。特にアルバイトやパートは空き時間に働きたいとの意向が強いため、時給と勤務時間を比較します。

社員の採用と同様に時給や勤務時間は業界や地域の水準に合わせなければいけませんが、アルバイトやパートは空き時間に働きたい人が多いため、他社に比べて時給が少し低くても、1日3時間からOK、週1日からOKといったシフトに柔軟性を持たせることで若干の時給の差はカバーできます。

給与以外の魅力をアピール

求人においては、やはり、給与や時給が高いことが応募者を多く集めることに繋がり、結果として優秀な人材も集まります。しかし、給与や時給を上げることは容易なことではありません。また、安易に給与や時給を上げる行為は、その地域の給与水準を高騰させてしまい、地域全体が疲弊することになります。
そこで、給与以外のターゲットにとって魅力ある求人情報を提供します。

①社員の募集

自社の特徴やメリットを見つけて他社との差別化を図ります
具体的には、「研修制度が充実しているから、初心者でも安心」、「こんな資格が取れます」、「こんな知識が身につきます」といった会社の魅力をアピールします。会社によって給与の差は必ずありますが、2倍も3倍も差がつくことはありません。少しくらいの差は、働きやすさや不安を解消したことによる安心感でカバーできるものです。

②アルバイト・パートの募集

時給は上げられなくても、交通費を支給することで時給の印象が大きく変わります。

交通費の上限を設定しておけば過剰な支払いの心配もありません。また、時給はわずかでも昇給ありの方が印象も良くなり、働くモチベーションも上がります。

いかがでしたでしょうか?

「慢性的な人手不足だから、求人広告で人が集まらないのも仕方がない」と諦める前に、求人方法を確認してください。
きっと、見落としている原因があるはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です