電話受付時間 10:00〜17:00(土日祝は除く)
しつこい勧誘や営業はいたしません!無料相談はこちら

セミナーを使った求人で人をたくさん集める集客方法と効果!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

会社の求人説明会を行う際には企業によって色々な方法があります。
中にはセミナーを使った求人集客方法もあるので覚えておいて損はないでしょう。

ぜひご覧ください。

セミナーにて求人を行う場合の注意点

会社で説明するマーケティング戦略に関しては一度に全部の説明をするのではなく資料を渡した上で段階を踏みながら説明するのがいいでしょう。

マーケティング戦略を説明する際に

 

SWOT分析ならSWOT分析で20分、

セグメンテーションとターゲティングならセグメンテーションとターゲティングで20分

バリュープロポジションならバリュープロポジションで30分

 

と言った感じです。

こういう場合は会議室は明るくて椅子や机は普通のオフィス配置で問題ありません。学校の講義のように講師がボードの前に立ち社員は椅子に座る方法です。
机は無理して用意する必要はありませんが、資料が多い場合は机があると便利なので机があった方がいいでしょう。

講師の方もあまり固くならないで時折ユーモアも入れたり、社員の意見も聞いたほうがいいです。一方的に講師だけ喋ると社員の方もただ聞いているだけで退屈になりかねません。

伝える情報を整理し、メリハリを持たせる!

そして、「セミナーを使った求人で人をたくさん集める方法とは」やはり宣伝のやり方が大切です。そして内容も聞いているほうが夢中になるように考える事も大切です。

宣伝は今だとネットの広告が主流なので、できるだけ広告のデザインは広告専門の業者にお願いしたほうがいいでしょう。

自社で作ってもいいですが、その場合は情報の優先順位はターゲット目線でしておく必要があります。宣伝のデザイン導線は「Z」が基本でターゲット目線で情報を見てもらう順番を決めますが、こちらの伝えるべき情報はメリハリをつけ目立たせましょう

大きさや色や囲みや画像を使う事でメリハリをつけられます。

広告の下にはセミナーの内容や場所に時間も詳しく書いて、参加者には企業側から何かプレゼントを用意するのもいいと思います。

キャンペーンや割引などの後押しも忘れずに!

集客用のチラシを作る場合は、お得な「キャンペーン情報」を掲載する事も大切です。

折込チラシを見る人は、あなたと同様にお得な情報を期待していますから、しっかりとその期待に応える必要があります。体験割引クーポンや、体験無料など、一般の方が「お得そうだから、行ってみようか?」と感じる内容を入れるようにする事が重要です。

逆に良くないチラシはデザインがごちゃごちゃしており、見づらいケースです。

必要事項が書いてあっても、それが見づらければターゲットに情報は届きません。デザインをするときは、情報の優先順位を確認し、それを見やすく配置し、かつセミナー内容のイメージに合ったデザインにする必要があります。

例えば、子育て世代の女性をターゲットとしたセミナーチラシのデザインが、攻撃的なイメージのものであったり、逆にサラリーマンをターゲットとした営業戦略セミナーチラシが、柔らかなイメージのものであったりすると、イメージからセミナー内容に直結しづらくなってしまいます。情報をしっかりと提示しつつ、イメージにもあったデザインにする必要があります。

最近ではセミナーとを2部制や3部制にしてを1部で前置きの話をして、2部で自社の説明を行うという手法もあります。

セミナーを行う際の重要なこと

セミナーをする前には、しっかりと企業側で予行練習をするの事も大切です。予行練習ではセミナーの参加者を社員にやってもらい、そのセミナーがどうだったか感想を聞くのがいいでしょう。

セミナーの会場の雰囲気も大切です。ただ、学校の授業のようにボードに字を書いて説明するやり方は今では古く、最近は部屋を暗くして映写機やビデオを使うのが当たり前になっています。わかりやすく言えば運転免許の更新の授業のように映像を見る時間を設けて、その時間は部屋を暗くしてビデオの映像を見せた方がいいでしょう。

ネットで見るセミナー動画でも終始ボードに書いて説明するだけの動画は他人の目から見てもつまらないケースが多く、さらにセミナー動画なら編集ができますが実際の対人セミナーは編集などできないので動画よりつまらなくなる可能性も少なくありません。

そして、大きな会社のセミナーでは武道館のような会場を貸しきって、やる場合もありますが、実際にああいうセミナーは会場が豪華なだけで内容そのものは薄いケースが多いです。派手な音楽まで流しても、ただ映画を見ているような感じになり、見てるほうはそこまでいいとは思わない事が多いです。

動画を作り、魅力を伝える!

セミナーでは最初に自社の説明を行う事も多いですが、これも資料や文章だけでなく専用の動画を作っておいたほうがいいですね。自社がどういう会社なのか魅了的な動画を作ればいいPRになると思います。魅力的なセミナーをしたいからと言って武道館のような会場を貸し切ってやる必要はありません。広くなくても、できるだけ綺麗な部屋を選んで映像の設備さえあれば十分、魅力的なセミナーはできるはずです。

質問タイムは丁寧に!

セミナーではできるだけ質問タイムも用意して参加者の不安を取り除いたほうがいいでしょう。質問タイムが無いと参加者は一方的に聞いているだけで、わからない部分の答えを知らないまま帰る事になるのでよくありません。そして、講師としても質問に的確に答えられないと不自然になるので、リハーサルでは社員と一緒にどういう質問が来てもしっかりと答えられるように練習した方がいいでしょう。

会社のデーター(歴史や従業員の数に売り上げなど)に関しては全部暗記しておく必要はありませんが、聞かれる可能性は高いので、あらかじめ会社のデーターを細かく書いた紙を用意して置いたほうがいいですね。

長いセミナーの場合は休憩も忘れずに

長いセミナーをする場合は当然ですが、トイレ休憩も忘れないようにしておきましょう。最低でも90分に1回は休憩を挟んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?セミナーは内容だけでなく、ネット広告の作り方やチラシの作り方も大切です。
そこまで豪華な設備がなくても内容がしっかりしていれば参加者が満足できるはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です